企業看護師 産業保健師

MENU

企業看護師と産業保健師は違うの?

企業内医務室で働くものには大きく分けて2種類が存在します。
一つは企業看護師と言われる看護師、もう一つが産業保健師と言われる保健師になります。
産業保健師と企業看護師、どちらも業務の内容自体は大差がありません。
企業としても、どちらを配置するかと言ったことに関して、特に明確な理由があると言うことはありませんが、それぞれの特徴もあるのである程度分野分けがされることもあります。

 

企業看護師と言うのは、企業内に設置された医務室に勤務する看護師になります。
業務内容は怪我や病気のケアなどになります。
昨今、増える鬱病原因の自殺などを鑑み、企業が配置を進めているため看護師の間でも話題になることも多くあります。

 

対して産業保健師ですが、こちらも企業看護師と同様に医務室に勤務する保健師になります。
小学校や中学校の保健の先生をイメージすると分かりやすいかもしれません。
産業保健師の業務内容は、怪我や病気のケア、社員の体調管理、メンタルケア、健康診断などになります。

 

看護師も保健師も、どちらも医務室に勤務し、社内の人間の体調や精神的ケアを行うという意味では同じ業務になりますが、求めるものが多少違うということもあって、ある程度の住み分けがされることもあります。

 

事故などが多く、怪我人が出る可能性が高い工場などの場合、病院での臨床経験を活かし、冷静に対処し適切に処置することが出来る看護師の需要が高くなります。
対して産業保健師の場合、社員のメンタルヘルス、体調管理と言った部分に強いため、デスクワークの多いオフィス系企業に需要が高くなります。

 

一概に産業保健師はオフィス企業、企業看護師は工場企業というわけではありませんが、それぞれの特色を活かした需要と言うものは存在しますから、自分がどちらの医務室に勤務を希望するかによって、将来必要になる資格なども変わってくるでしょう。
オフィス企業を考えて産業保健師を希望する場合には、改めて保健師としての資格取得をする必要があります。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら