企業看護師 業務内容

MENU

企業看護師の業務内容とは?

求人サイトなどでも稀に見かけることのある企業看護師ですが、病棟看護師などの一般的な看護師と何か違いがあるのかと疑問に感じている方もいるかもしれません。
看護師であれば、病院で働き地域や社会に貢献をするものと考えている方も多いですが、実際に働いてその苦労を知るものからすれば、看護師の職場は病院だけではないと考えるものです。
折りしも、高齢化社会、ストレス社会と言われる時代で、看護師の需要は高まり昔に比べれば遥かに多くの職場の中から仕事を選ぶことが出来るようになっています。
その選択肢の一つが企業看護師となります。

 

企業看護師は、一般企業などに設置されている医務室に勤務する看護師を総称します。
工場であれば、工場内の事故などによる処置などをする事が主な仕事になりますが、一般企業に設置されている医務室の場合、怪我や病気のケアよりも重視されている仕事があります。
それが、社員の精神的ケアになります。
時折ニュースなどでも流れますが、鬱病を原因にした自殺と言うのが考えている以上に多くあります。
裁判の結果などのニュースでも、鬱病は激務を原因にしたものであると認定され、労災認定が下りたといった話も耳にします。

 

企業とすれば、社員一人一人は会社の財産であると考えるものですから、財産である社員が、精神的に病んでしまわないようにケアをしっかりとしなければなりません。
鬱病などの精神疾患にかかった場合、長期的な療養が必要になり、場合によっては、そのまま退職と言うケースも少なくはありません。
時間とお金をかけて育てた社員に辞められるのは、会社としても損失ですから、出来る限り、社員の精神的負担を軽減するために企業看護師を配置して心のケアを行っています。

 

企業看護師がしなければならない仕事、業務内容は、社員の悩みを聞き心を癒し、少しでもストレスを軽くすることがメインとなります。
怪我や病気のケアも必要ですが、企業看護師としての仕事の比重は、社員の心のケアにあると言っていいでしょう。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら