空港 医務室 看護師 業務内容

MENU

空港の医務室で看護師として働くには?業務内容と働く資格について

空港で産業看護師として働く場合、2つの働き方があります。
1つは空港内に設置された医務室に勤務する場合、もう1つは空港の検疫官として勤務する場合です。

 

医務室勤務の場合

医務室勤務の場合は仕事内容も一般的な産業看護師と同じで、空港職員や空港利用客の健康管理、治療などになります。

 

職場が空港という少し特殊な場所になりますが産業看護師としてこなす仕事自体は特に特別なことはありません。
看護師の資格があり、過去に産業看護師として働いたことがある人ならスムーズに働くことができるでしょう。

 

検疫官の場合

一方で検疫官はかなり特殊な仕事になります。
具体的な仕事内容は空港の利用客が感染症などに感染していないかをチェックするというものです。
たとえば海外旅行から帰ってきた客というのは日本ではまず感染することのないような病気になっている可能性があります。
これを帰国時にチェックし、もし感染の疑いがある場合は同じく空港に勤務している医師と連携して対処していきます。

 

一般的に産業看護師というと対象が企業の社員ですが、検疫官は利用客が対象になるわけです。
また、空港利用者の健康相談に乗ったりもします。
飛行機に乗る前に体調を崩してしまった人がいれば診察をし、採血や血圧の測定などをして飛行機に乗っても大丈夫かどうかを判断したり、患者の精神的なケアをしたりします。
看護師として幅広く活動することになるのが検疫官と言えるでしょうか。

 

外国人のケアも

医務室勤務にしろ検疫官にしろ外国人の人を診る機会も増えますので英語能力は必須になります。
英語が話せた方が有利になるのではなく、英語が話せないとそもそも採用されないケースがほとんどです。
英検やTOEICといった資格が求められますので空港で働きたい場合はこれらの資格を目指す必要があります。
もちろん資格がなくても英語が問題なく話せるならそれを伝えることでアピールすることもできます。
ただ資格があった方が有利になるのでできれば英語に関する資格を1つは持っておきたいところです。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら