ホテル 医務室 看護師 仕事内容

MENU

ホテルの医務室で看護師として働くには?主な仕事内容とは?

大手のホテルなどではホテル内に医務室が設置されており、産業看護師としてその医務室で働くことができます。
産業看護師として医務室で働くというのは一般の企業でも同じですが、ホテルならならではと言える違いもあります。

 

宿泊客に対応

ホテルの産業看護師は特別な資格が必要になるわけではありませんが、ホテルはその性質上どうしても多くの人と関わることになります。日本各地から宿泊客が集まりますし、さらには海外からの宿泊客もいます。

 

産業看護師は基本的に社員の健康管理と職場の衛生管理が主な仕事になるのですが、ホテルの場合はそれだけではなく宿泊客のトラブルに対応するケースも増えてきます。
たとえばホテル内で宿泊客が怪我をしてしまったような場合、産業看護師がその対応にあたることがあります。
この時もし相手が海外の宿泊客なら英語能力や中国語なども求められますし、なにより初対面の人の治療を行うわけですからコミュニケーション能力が求められます。
この点は一般の企業で働く産業看護師との大きな違いです。

 

従業員の健康管理

当然ながら社員の管理も行わなければなりませんので仕事としてはなかなかハードだと言えます。

 

シフト制のところが多く、さらに夜勤などは基本的にありませんので勤務時間自体は病院看護師などよりも短くなりますがだからといって楽な仕事というわけでもありません。
その意味ではやりがいの感じられる仕事だと言えるでしょうか。

 

求人探しのポイントは?

ホテルの産業看護師として働くうえでのポイントはいかに求人を見つけるかです。
産業看護師の求人自体がそれほど多いとは言えない現状がありますのでその中からホテル関係に限って求人を探すことは大変です。

 

インターネット上にある看護師求人に特化した求人サイトを利用するなどの工夫が必要でしょう。
こうした求人サイトなら産業看護師の求人も多く集まっていますので自分の希望に合った求人を見つけることができるはずです。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら