クリニカルコーディネーター 仕事内容

MENU

クリニカルコーディネーターの仕事内容と魅力について

クリニカルコーディネーターはフィールドナースとも呼ばれていて一般の企業で働くことになります。

 

一般的な看護師は病院で働くことがほとんどなのでこの点だけでもかなりの違いがあることがわかります。

 

 

一般の企業で看護師がどんな仕事をするの?

 

クリニカルコーディネーターの仕事は主に自分の会社の商品の営業や紹介になります。
製薬会社や医療機器販売会社が主な勤務先になっているのですが、自社の薬や医療機器を病院などに紹介し、営業する形です。

 

一般企業とは言え看護師として働くわけですから医療に関係した会社で働くことになるんです。
薬にしても医療機器にしても営業するためには豊富な知識が必要で、看護師としての知識や経験が営業活動に活かせます。

 

より具体的に仕事内容を見ていくと、自社の商品の特徴のアピールや、使い方の説明となります。
営業のような仕事と言えるのですが実際に営業するのは営業マンの仕事で、クリニカルコーディネーターはあくまでも商品の説明をするのが主な仕事内容になります。

 

営業マンの補助的な役割をこなすと考えるとわかりやすいでしょうか。
そのため営業経験がなくても、営業が苦手だという人でも問題なく働くことができます。

 

一般の看護師とはまったく違った仕事内容になりますが、看護師としての経験が無駄になるわけではありませんし、違った角度から医療に関わることができ、これがクリニカルコーディネーターの魅力の1つと言えるでしょう。

 

多くの病院に優れた薬や医療機器を販売することになればそれだけ多くの患者さんの役に立てるとも言えます。
これまで以上に多くの患者さんと関わる仕事だと考えることもできますので、一般の看護師とは違ったやりがいを感じることができます。

 

こうしたことからクリニカルコーディネーターに転職をしようという人は増えてきており、今では人気の職業の1つとなっています。
より広い視野で医療に関わりたい、そんな人には最適な仕事です。

 

≫≫クリニカルコーディネーター(企業看護師)の求人探し
≫≫成功のポイントはこちら