臨床開発モニター スキル 仕事内容

MENU

臨床開発モニターとして働くための必要スキル・主な仕事内容について

臨床開発モニターは新薬を開発する中で必要になる臨床試験を管理する職業です。

 

CRAと略称で呼ばれることも多いのですが仕事の内容についてはどちらもまったく同じ、つまり同じ意味の言葉になります。

 

 

臨床開発モニターは新薬開発、特に治験で大きな役割を果たすことになるのですが、治験では治験全体の管理やスタッフ間のスケジュール調整、データの作成や管理、幅広い医療知識などが求められます。

 

条件はある?

臨床開発モニターとして働くためになにか特別な資格がいるというわけではありませんがコミュニケーション能力を始めとして確かな知識や管理能力が求められます。

 

たとえば臨床開発モニターには元薬剤師や看護師という人が多いのですがこれはそうした職業で得た知識や経験が治験コーディネーターとしても活かせるからです。

 

仕事内容は?

具体的な仕事内容ですが、治験が決まったらまずは担当のスタッフとスケジュールの調整をしてトラブル無く治験が進められるように準備を開始します。

 

治験が始まればモニタリングをして新薬の効果を確認し、治験で得られたデータはすべて保存して管理しなければなりません。

 

副作用の有無などが代表的なチェック項目で、新薬が効果を発揮するかどうかはもちろんですが、安全なものかどうかも確認する必要があります。
最終的には治験で得られたデータをまとめ、薬事申請を行います。

 

全体のまとめ役ですので特別な技術が求められることはありませんがプロジェクトをスムーズに進める仕事だと言えますので特に管理能力が重要になります。

 

治験をしっかり管理することができなければ新薬の開発に影響が出ますし、トラブルが発生する可能性も出てきます。

 

薬は使い方によっては人間に悪影響を与える可能性もありますから安全管理の面では大きな責任があると言えます。

 

責任感があり、几帳面で細かいデータもしっかり管理することができる人に向いている職業です。
また、人と関わることが好きという人にも向いている職業ではないでしょうか。

 

 

≫≫臨床開発モニター(企業看護師)の求人探し
≫≫成功のポイントはこちら