産業看護師 給料

MENU

平均的な産業看護師の給料はどのくらい?他の看護師と比べてどう?

産業看護師への転職を考えている、興味があるという人も多いのではないかと思いますが、そこで気になるのが給料ではないでしょうか。
給料アップを目指すことも転職理由の1つですからこの点を外すことはできません。

 

まず、基本給を見てみると正看護師で月に20万円から30万円ほどが平均的で、これは一般の看護師と比較しても大きな違いはありません。
すでに病院の看護師として働いている人ならこれまでとほぼ同じ給料で働くことができると考えられます。
大幅な給料アップは見込めないものの、下がることもないといった感じです。

 

ただ、産業看護師の場合は夜勤や土日の勤務が基本的にありません。
そのため夜勤手当などがもらえないため手当も含めた給料となるとどうしても病院看護師と比較して下がってしまう傾向があります。
その分負担は少なくなりますので、割に合わないというわけではありません。

 

これはあくまでも平均的な話で、実際の給料は勤務先によってまったく違います。
当然と言えば当然ですが大きな企業ほど給料も高くなりますし、土日勤務や夜勤がある企業なら手当も期待できます。

 

産業看護師として働き、さらにたくさんの収入も得たいという場合はどこの企業で働くのか、これが大きなポイントになってきます。
昇給もありますので将来的にどのくらいの収入が得られるのかをチェックすることも大切です。

 

公務員看護師
また、民間の企業ではなく国や地方自治体の企業で働く場合は産業看護師も公務員として採用されることになりますので公務員と同じ給料をもらうことになります。やはり勤務先によって多少の違いはあるでしょうが、より安定した収入を得ることができるはずです。

 

産業看護師は給料に幅がある仕事になっていますので、いかに質の高い求人を見つけるかが年収アップへの第一歩になります。
インターネットの看護師求人サイトなどを上手に活用して理想の求人を見つけるようにしましょう。
こうしたサイトなら非公開求人も見ることができて便利です。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら