治験コーディネーター 仕事内容

MENU

治験コーディネーターとして働くには?主な仕事内容と就職先の探し方

治験コーディネーターはCRCとも呼ばれていて、治験、つまり新薬の開発に携わる職業になります。
治験は製薬会社からの依頼を受け、医療機関が行うものですが、この両者の間に立ってスケジュールの調整をしたり、治験全体のまとめ役として動くのが主な仕事内容です。

 

また、被験者の方のケアも重要な仕事の1つで、治験開始前に被験者に対して説明を行ったり、精神的なケアをしたりもします。

 

治験データのチェック、管理といった仕事もこなす必要があり、治験をマネージメントする立場だと考えられるでしょう。

 

治験コーディネーターは特別な資格が必要になるわけではないので、資格面では誰でも目指せる仕事だと言えます。
ただ、治験全体をまとめてトラブルなく治験が終わるように管理する立場になりますのでコミュニケーション能力や管理能力が大きく問われる仕事で、能力面で求められる部分は多くなります。

 

看護師としての知識や経験がフルに活かせる仕事です。
実際、看護師資格を持っている場合は未経験者でも治験コーディネーターとして採用されるケースが多く、このことを考えると看護師資格が必要な資格の1つだとも言えます。

 

求人探しはどすればいい?

治験コーディネーターの求人は一般の求人と比べて少し特殊で、求人雑誌やハローワークなどでは求人を見つけることができません。
資格がいらないとは言え特殊な職業ですし、基本的には看護師求人を扱っているところで探すことになります。

 

現在ではインターネット上に看護師求人に特化した求人サイトが多く存在していて、こうしたサイトで求人を見つけることができます。
求人サイトならいつでも好きな時に求人を探すことができますし、自宅にいながら簡単に求人を比較することができるのでメリットも多くあります。
治験コーディネーターを目指しているものの求人が見つけられないという場合はまずネットで求人を探してみましょう。
求人の数も多いので自分の理想に合った職場を見つけることができるはずです。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら