産業看護師 役割

MENU

産業看護師の役割について知っておきたい事

看護師というと病院で働くのが普通ですが、産業看護師は病院ではなく一般の企業で働くことになります。
需要が高いことで求人が見つけやすく、やりがいも強く感じられる仕事です。
病院勤務と違いも多く、求められる役割も産業看護師ならではと言えるものになっています。

 

産業看護師は自分が務めている企業の従業員が患者と言うことができます。
従業員の健康管理をはじめ、業務における安全管理も産業看護師の仕事で、企業全体を見守る存在です。

 

たとえば仕事をしていて怪我をしてしまった、こんな時も産業看護師が怪我の治療にあたります。
学校には保健室があり先生がいましたが、企業の保健室のようなものだと考えるとわかりやすいかもしれません。
ただし産業看護師に求められる役割や責任はより大きくなっています。

 

精神的なケアも重要な仕事の1つです。
仕事をする中で大きなストレスを抱え、精神的に辛い状態になってしまう従業員もいるのですが、そうした従業員に対しいてカウンセリングを行うことで精神的なケアを行うのです。
怪我や病気といった肉体的な部分だけではなく、精神的な部分でも支えてあげる必要があるわけです。

 

同時に職場環境の改善も考え、従業員が安全に、そして健康的に働けるようにサポートしてあげるのも産業看護師の仕事です。
特に精神的な部分でのケアは需要が高まっており、今まで以上に産業看護師は重要な職業になってきています。

 

あくまでも看護師ですので医師のように医療行為をすることはありませんが、それでも従業員にとっては非常に大きな存在になります。
企業の中で従業員が快適に働けるかどうかは産業看護師にかかっていると言ってしまってもいいくらいでしょう。

 

大きなプレッシャーがかかりそうな印象があるかもしれませんが、こうした部分にやりがいを感じて一般の看護師から産業看護師へと転職する人は増加している傾向にあります。
これまでとは少し違った形で働きたい、そんな人にはぴったりの仕事です。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら