産業看護師 資格

MENU

産業看護師には資格が必要?資格についての必要知識

産業看護師は企業で働くことになりますが、産業看護師を目指すうえで必要な資格にはどのようなものがあるのでしょう。
これを知っていれば転職をする時にも有利になります。

 

まず、大前提として看護師資格が必要になりますがこの点については問題ないでしょう。
看護師資格以外で必要な資格はなにか、これがポイントになります。
実は産業看護師になるために絶対に必要な資格というのは看護師資格以外にはありません。
持っていれば就職、転職活動で、さらに実際に業務を始めてから役立つという感じです。

 

持っていると有利な資格

代表的な資格としては保健師の資格があります。
保健師の資格を持っていれば求人の種類も増え、より幅広い求人から理想の職場を探すことができます。

 

ただ、企業側が保健師の資格を重要視しているかというとそうでもなく、持っていれば有利になる程度です。
企業側はむしろ看護師としてのこれまでの経験や実績を重視する傾向にありますので、保健師の資格を持っていなくても過去に看護師として働いたことがあるならそれが武器になります。

 

また、医療分野ではありませんがパソコンの資格も持っておくと役立ちます。
産業看護師は事務仕事をすることも多くなるのですが、今ではこうした仕事はほぼすべてパソコンを使って行います。
パソコンの資格があれば事務仕事の面でアピールできるわけです。
資格を持っていないにしても最低限パソコンを使えるだけのスキルが求められることは間違いありません。

 

この他の資格としては心理カウンセラーの資格などが役立つ資格として挙げられます。
産業看護師は肉体的な面だけではなく、精神的なケアもしなければいけませんのでこうした資格が役に立ちます。

 

どの資格も必須というわけではありませんが持っていれば有利になります。
産業看護師として働き始めてからこれらの資格を取るという人も多いのですが、事前に取っておくのも1つの方法です。
取っておいて損をすることはありませんので余裕があれば看護師資格に加えていくつかの資格を取っておくのがおすすめです。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら