産業看護師 悩み

MENU

産業看護師で働く人のよくある悩み

産業看護師は一般の企業で働くことになりますので、病院勤務とはまったく違った働き方ができます。
これは魅力の1つなのですが、同時にこのことで悩みを抱える看護師も少なくありません。

 

では、産業看護師が抱える悩みとはいったいどんなものなのでしょうか。

 

もっとも多い悩みが病院看護師との違いです。
病院で働く場合、患者は全員怪我や病気などのトラブルを抱えています。
看護師はその治療にあたり、完治を目指す中で患者をサポートするわけですが産業看護師はそうではありません。
もちろん産業看護師もこうした仕事をこなすことはあるのですが、企業内には医師がいないためいざ怪我をした時や病気になった時は社員も病院へ行くことになります。
そのため産業看護師は社員の健康管理が主な仕事になり、直接患者を診るということが極端に少なくなります。
この病院看護師とのギャップに悩む人がいるわけです。
健康管理はどうすれば社員が安全に、そして健康的に働けるかを考え対策するのが具体的な仕事内容になりますからどうしても病院看護師のようには働くことができません。

 

また、デスクワーク、つまり事務仕事が増えることも悩みの理由の1つになっているようです。
これはさきほど紹介した健康管理という仕事内容も大きく関わってくるのですが、産業看護師は事務仕事をこなすことが増えるため看護師というよりは事務員として働いている感覚になってしまうことがあります。
自分が思っていたような仕事ができず、それがストレスになってしまう形です。

 

ただし、社員全員の健康を管理することはやりがいのある仕事で、このことに魅力を感じる人が多いのも事実です。
病院看護師と比べてやりがいがないわけではありません。
産業看護師とはどんな仕事なのか、これをしっかり理解しておけば実際に働いた時に悩むこともなくなりますし、楽しく働くことができるはずです。
そのためにも産業看護師と病院看護師の違いを把握しておきましょう。

 

↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら