企業看護師 英語

MENU

企業看護師で英語が必要な場合

意外に思うかもしれませんが、企業看護師として働くために英語力が必要になるケースもあります。
看護師が英語?と思われるかもしれませんが、一般的な病院の場合、国外の患者が来るケースは稀と言ってもいいでしょう。
また、外国人が患者として来院した場合でも、受付や医師などが対応することも多く、ほとんど英語を必要としないのが実情です。

 

しかし、企業看護師の場合にはそういうわけにも行きません。
企業看護師は企業内に配置された医務室勤務の看護師になります。
職場は企業の中にある医務室ですから、訪れる患者は社員や企業へ訪問した来客などになります。
ここで問題になるのが、医務室へ訪れるのが必ずしも日本人であるとは限らず、また日本人であっても、日本語を話すとは限らないという点です。昨今、社会のグローバル化が進みましたが、目に見えて増えてきているのが外資系企業になります。

 

外資系企業は文字通り国外資本の企業になり、社員の多くは海外との取引、外国人の社員を多く抱えています。
採用条件の一つに英会話能力を要求されることでも知られ、職場では日常的に英会話を使うことも多くあります。

 

そうした職場の場合、ある程度の日常会話が出来る英会話能力がなければ、業務を遂行することも難しくなります。
ビジネス英会話を覚える必要はありませんが、それでも日常会話が出来る、聞き取れる程度の英会話能力がなければ勤務を続けること自体も難しくなるでしょう。

 

また、外資系企業の場合、会社を訪れる取引相手や本社の人間なども外国人である事も多く、何かの変調を感じて医務室を訪れるという可能性も少なくはありません。

 

英会話能力は、外資系企業看護師になる場合の必須と考えて差し支えないでしょう。
全ての企業看護師が必要になるというわけではありませんが、英会話能力を鍛えておけば、企業看護師としての職場が広がることは間違いありません。
転職を考えているのであれば、看護師としてのスキルを磨くのと並行して英会話を勉強するというのも悪くはありません。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら

 

 

産業看護師の外資系にはどんな職場がある?また主な仕事内容について