企業看護師 マナー

MENU

企業看護師に必要なビジネスマナー

社会人として当たり前に持っているであろう常識がビジネスマナーになります。
ビジネスシーンでは様々なマナーを求められます。

 

学生気分でいれば失笑を買い、時に取引相手を憤慨させてしまうと言う事も少なくはありません。
新人の頃に洗礼とも言えるそうした失敗を経験した方も多いでしょう。
しかし、そうした洗礼を例外的に受けない職業と言うものも少なからず存在します。
その一つが看護師になります。

 

看護師は取引先というような存在はなく、患者と看護師、医師と言った人間関係で構成される職場で働くため、社会一般で知られているビジネスマナーが分からないと言う方も少なくはありません。
そうした看護師が転職先として選んだ企業看護師でやってしまう失敗として多いのが、ビジネスマナーに関した失敗になります。

 

病院での勤務と同じ感覚で働いていると、思わぬ失敗を引き起こしてしまいます。
病院とは違いますから、一般社会でのビジネスマナーをしっかりと理解しておかなければいけません。

 

第一に電話対応があります。
医務室勤務ですから、外部からかかってくることはありませんが、社内の人間であっても受け答えなどはしっかりとしておかなければいけません。

 

業務に関してはパソコンなどを導入し、個別に社内メールアドレスを配布していることも多いですが、社内メールを携帯やパソコンのプライベートメールと混同するようなことがあってはなりません。

 

社内メールは社内のサーバを経由して配信されますので、全てのメールのログは社内サーバに保存されることになります。
企業によっては、ネット環境を不正に使っていないかなどの監視の目的でチェックすることも多く、プライベートで使用していることが発覚した場合、注意などを受けることも少なくはありません。

 

他に、名刺交換や書類のファイリングの仕方など、ビジネスマンが普通に行なっていることは、企業看護師であれば知っておく必要があります。
さらには、会社の上層部の人の名前と顔を覚えておくのも、1つのマナーとなります。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら