企業看護師 面接

MENU

企業看護師の面接について

転職において、何よりも問題になるのが面接となります。
履歴書でいかに都合のいい事を並べ立てても、実際に面と向かって相対した時、その人の人と成りを見透かされてしまうものです。
それだけに面接では失敗をしないように注意をしなければいけません。
企業看護師として働くため、面接の準備をしている方もいるかもしれませんが、病院の面接と一般企業の面接を同列に考えない方がいいでしょう。

 

正直な話、慢性的な看護師不足に悩む医療機関は、看護師資格を有している人材を確保するということを前提にしているため、本人の能力云々と言ったことには頓着しません。
資格を持ち、健康で働くことが出来る。
看護師が不足しているのですから、それだけでほぼ採用が決まるといっていいでしょう。
そのため、面接もいわゆる顔合わせ的な意味合いが強く、よほどの事がない限りは不採用と言うことはありません。
しかし、一般企業の面接ではそういうことはありません。

 

一般企業の人事課などは、毎年、新卒就職希望者の面接などをしており、言ってみれば人を見るということに特化している集団です。
全ての社員の査定、並びに就職希望者の査定を行っている人事担当者の目は相当に肥えています。

 

企業看護師の面接を受けるのであれば、自分が看護師として何を経験し、どんな知識を身につけ、それを企業にいかに活用して貢献する事が出来るかという自己アピールが必要になります。
と言うのも、企業看護師自体の募集人数が少ない割りに、求職者の数が多いというのが原因でもあります。
多くの求職者の中から、有能だと思える人材を探すわけですから、自分の優位性、有能さをアピールしなければ採用されないことが多いのです。

 

競争率の高い職場であるからこそ、面接の重要性が増すのです。
企業看護師への最大の関門として面接を乗り越えれば、後は念願の企業看護師としての勤務が待っています。
企業看護師として採用されるために、自分のセールスポイントを把握して自己アピールの練習をしておくようにしましょう。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら