企業看護師 資格

MENU

企業看護師に必要な資格ってある?

求人があると、すぐに定員を超える応募があるほどの高い人気を誇っている企業看護師ですが、転職を考えたとき企業看護師になるために必要な資格などがあるのか?と考える方もいるでしょう。

 

医療機関や介護施設への転職であれば、勝手知ったるなんとやらであまり気にせずに転職活動をすることも出来ます。
しかし、いざ企業への転職ともなれば、医療機関との違いなどが気になるものです。

 

企業看護師は企業内に設置されている医務室に常駐し、社員のケアを行う看護師になります。
業務内容は、主に就業中の社員の病気や怪我などの処置や、悩みを聞くなどのメンタルケアと言った仕事が主だった業務内容になります。
定時で上がり、給料もサラリーマン相当にもらうことが出来、大半の企業は土日が休みと言う事もあって、労働環境としては非常に優良な職場であると言えます。

 

そんな企業看護師になるために何か特別な資格が必要なのでしょうか?

 

業務内容からも分かるように、メイン業務となるのは社員の心のケアになります。
会社の人間関係における愚痴や仕事上の悩みなど様々な悩みを聞くことも多く、鬱病を予防するための措置として配置されているというのが実情です。
そのため、企業看護師として働く上で必須とまではいかなくても、取得しておくことで採用の可能性を上げることが出来るという資格もあります。
しかし、企業看護師として働くために最低限必要な資格と言うのは、看護師資格以外にはなく、看護師の資格を有していれば基本的には誰でも企業看護師として働くことが出来ます。
また、他に資格がある方が有利と言う事もありますが、業務内容にあるように精神病、鬱病などに関しての知識、経験を持っているという方が評価される傾向にあります。
そのため、資格よりも精神科勤務経験などの実績の方が重視される場合もあります。

 

もちろん、通常の看護師としてのスキルも必要になりますが、本来の看護師としての看護よりも、精神的看護を重要視するため重視されるスキルとしては、対人能力、コミュニケーション能力と言った部分になります。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら