企業看護師 メリット

MENU

企業看護師の良いところ

看護師は非常に多忙な仕事になります。
離職率の高いと言われている職業だけあり、仕事は忙しく休みも不定期、勤務時間も安定しないために相当な激務であることが伺えます。
そんな看護師の労働ですが、中には誰もが羨む職場があります。
それが企業内医務室であり、そこで働く企業看護師になります。

 

看護師でありながら、企業で働くの?と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、昨今のサラリーマンの鬱病患者数の増加の問題を鑑み、企業も社員の福利厚生に力を入れた結果、企業内の医務室に看護師を配置し、社員の心と体のケアを行うなどの試みを行っています。
この企業看護師の求人は、応募が殺到するほどの人気ぶりと言われていますが、企業看護師の何がそこまで人気を集めているのでしょうか。

 

現在、看護師という仕事で問題になっているのは、その労働環境にあります。
収入面だけで考えれば、一般サラリーマンと同様、あるいはそれ以上の給与をもらっているのですが、労働環境だけを見れば非常に過酷である、という一言に尽きます。

 

繰り返される日勤と夜勤、日々の残業、新しい看護や治療法や薬に関する知識。
毎日が勉強であり、自宅と職場を往復するだけの毎日と言う看護師も少なくはありません。
特に新人看護師などは、仕事に慣れないために残業も多くなり、自宅でも仕事に早く慣れるために毎日勉強に励んでいるというのが現実です。
実質、就業時間以外のプライベートな時間ですら、仕事のための勉強に費やされるわけですから、寝ている時間以外が仕事と言っても差し支えないでしょう。

 

それに比べて、企業看護師は、一般サラリーマンと同様の出勤時間、退勤は定時。
収入は社員と同様、あるいはそれ以上の収入。
会社スケジュールによる休暇。
もちろん有給休暇もしっかりとあり、ボーナスなども支給されます。
看護師として働きたいけれどもっと自分の時間を自由に使いたい、そう考える方には、うってつけの職場といっていいでしょう。
しかし非常に人気が高く、企業で働く看護師の人数自体も多くはありませんから、必然的に競争率が高い求人となってしまいます。

 

人気が非常に高くて、倍率も高い企業看護師のお仕事。求人もすぐに埋まってしまって困ってる。。。
でもなんとかそこで働きたいという方へ、ライバルに負けずに企業看護師への転職で成功する大切なポイントをこちらで解説しています。
↓↓
≫≫企業看護師のお仕事をゲットする、負けない転職術はこちら